カードローンの年収借入限度額はいくらなの?

カードローンの年収借入限度額はいくらなの?

カードローンによる借入をしようとする場合には、年収がいくらであるのかを申告したり、場合によっては収入証明書として、税務署の確定申告書や所得証明書、あるいは会社からもらった源泉徴収票や給与明細書などを添付するように求められることがあります。これは、総量規制とよばれる法律上の制限を満たしているかどうかを、消費者金融などの業者がチェックするために必要となっているためです。
この総量規制というのは、個人が借入をするにあたって、年収の3分の1を超える金額になることを、原則として禁止する内容を指しています。もしも年収が300万円であるとすれば、カードローンとして100万円までの借入はできるものの、それを超えてはできないということになります。この場合、今回申込みをしている消費者金融だけではなく、すでに利用している別の消費者金融があるとすれば、そちらの金額のほうも足してトータルした上での金額が基準です。
こうしたことから、カードローンの年収借入限度額は、多くても年収の3分の1となり、そのほか個人の収入状況をはじめとする信用度に応じて、それぞれの消費者金融などが利用枠を決めることになります。ただし、カードローンと同じようにクレジットカードを利用するのでも、商品の購入のための割賦契約に利用する場合があります。このようなケースは、お金そのものとは異なるため、総量規制の対象にはならず、年収の3分の1という制限は適用されません。
カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエルはこちら